カードローンの申込に必要な収入証明書とは?

カードローンの申込に必要な収入証明書とは?

収入証明書はどんな場合に必要?

金融機関から借入を行うにはいくつかの書類が必要です。まず必ず用意するのは運転免許証や健康保険証のような身分証明書です。これは消費者金融でも銀行でも共通しt必要になります。この身分証明書だけで融資が受けられることもありますが、それに加え収入証明書が必要になることもあります。収入証明書とは所得証明書や源泉徴収票などその人の年収を知るための書類です。それ以外にも課税証明書や確定申告書などがあります。もし収入証明書の提出を求められたら、このうちのいずれかを用意することができます。この収入証明書はなんのために必要なのでしょう。提出が求められる時と求められない時の差は何でしょうか?収入証明書はカードローンの審査の際に、本人の返済能力を調べるためのものです。提出が必要になるかどうかは、申込み時の借入限度額が関係しています。借入限度額が少額の場合には提出不要の場合もあります。消費者金融で借入をする際に証明書の提出が必要となるのは、現在の借入の総額が他社のものも含めて100万円を超える場合と、申込みの業者の借入が50万円を超える場合です。銀行カードローンの場合は、消費者金融の金額よりも高く設定されていることが多いようです。100万円を超える申込でも収入証明書不要となっているので手軽に高額の融資を受けられます。この収入証明書によって当人の返済能力を調べることができます。いくら以上の借入限度額で収入証明書が必要かは、各銀行によって異なるので申込む前に調べてみましょう。
今すぐにカードローン審査ガイド|今日中にお金が必要なあなた!はこちら

消費者金融でお金を借りるリスクは?

一昔前の消費者金融というのは、お世辞にも綺麗とは言えないような雑居ビルの一角で街金事業を営む会社というイメージであったり、過剰な利息を取り立てているイメージがあったかもしれません。しかし、現在では大手消費者金融会社のほとんどが銀行系の傘下に入っており、金融商品のサービス、従業員の接客、コンプライアンスなど、全ての品質が格段に向上しています。お金を借りる以上、ノーリスクということはありませんが、消費者金融でお金を借りるからといって、大きなリスクはないと言えます(ただし、大手消費者金融会社に限る)。

小さなものでも例を挙げるとすれば、当然「利息がかかってしまう」ことがあります。知人から無利息で借入ができるのであればその方が良いでしょう。ただ、現在の消費者金融会社の利息というのは法律内で定められた範囲で適切に行われているため、利息が高すぎるということはありません。しかしもっと安い金利で融資を受けられるサービスがあるのも事実ですので、このあたりは十分にご検討ください。

それから消費者金融でお金を借りると信用調査機関などに名前が載ります。これは決して悪いことではありません。例えば、クレジットカードであるとか、何かしらのローンを契約している方なども、こういった情報は掲載されます。消費者金融会社から借入があるからといって、大きな悪影響はないでしょう。もし利用者が家族らに内緒にキャッシング審査をしているのであれば、信用調査機関で個人照会をされてしまえば(ただし、照会には本人確認が必須)、それにより発覚してしまう恐れがあるのでご注意ください。

以上のようなことが消費者金融でお金を借りる場合に考えられるリスクと言えますが、消費者金融会社からお金を借りているといって何かの審査に落ちるということはありまえん。ただし、もちろんそういった審査の際には「どこからもお金の借入が無い方」の方が信頼性が高まる間違いありません。

審査基準が分かればアコムで借り入れしやすくなる

アコムの審査基準が知りたい!可決になりたい方はこう考えますよね。確かにアコム審査基準が分かれば、それに適した申し込みができそうですから、借り入れしやすくなりそうと思ってしまいます。

しかし、それでは正しい判断を貸付する側はできません。ですからアコムに限らずどのような金融機関でも借り入れの審査においての基準は分からないのです。

お金を借りる側としては、ぜひともお金を準備しなければならない、そしてできるだけ必要な額に近い額を借り入れしたいと願うものです。しかし、金融機関としては返せないほどの金額を貸付してしまっては、貸し倒れのリスクを被ることになってしまうのです。

審査は各金融機関がそれぞれの基準に従って進めます。その過程が公開されることも、結果が出た時にその理由を伝えることも絶対にありません。

ですから、申し込み者ができることは、アコムの審査基準がどのようになっているのかを調べることではなく、属性と借入履歴に注意を払うぐらいなのです。属性は、簡単に収入をアップすることなどはできませんから、転職しないように気を付けるぐらいでしょうか。一般的社会でも信用が高まる事項は借り入れの世界でも同様と考えてまず間違いありません。

借入履歴は、過去の延滞などのことです。もちろん現在の借入残高が大きくなりすぎていても借り入れできませんが、過去に延滞した経験がある方はその記録が信用情報から消去されるまで借り入れはできないと思っておきましょう。

銀行カードローンの審査通過率の比較について

銀行カードローンは、審査を通過しないことには使えません。ですから属性が低くて通過する自信が小さい人ほど、審査が心配になるものです。そんな銀行カードローンの審査通過率ですが、最近ではインターネットでキーワード検索すると、様々な情報を入手することが可能です。もちろん、それらは参考にはなることでしょう。しかし、注意点もあります。
なぜなら詳しい審査の内容や審査の基準というものは、どこの金融機関においても企業秘密のように扱われていて、決して公表されてはいないからです。ですからネットの情報で複数の金融機関の審査通過率を比較するとしても、その精度を過信してはいけません。あくまでも、それは一つの目安であって参考程度にしかならないということです。
また、そもそも審査とは、申し込む人の属性の高さや融資希望金額などによっても通過率は大きく異なってきます。ですから、あまり通過率の情報ばかりにこだわっていても、期待するほどの目立つ効果は得られないとも考えられます。それよりも、自分自身の属性を高めるために努力しておいたほうが得策かも知れません。
たとえば銀行カードローンを利用したい時、もしも他の金融機関から借り入れがあるのなら、速やかに完済してから申し込むなどの努力です。他社からの借り入れは、有るよりは無いほうが審査においては間違いなく有利になります。また、公共料金を滞納することは審査には不利ですので、毎月、支払いは遅れず確実に済ませる努力も大切です。
http://www.tppmpsfortransparency.org/